FC2ブログ
健康・美容・ビジネス思いのまま日記
健康情報、美容情報、アフィリエイト、ビジネス情報など思いのままを日記にしました。
プロフィール

遠山快空

Author:遠山快空
1952年生まれの辰年、「社名 社長占い」サティソフト」「コーチング夢幸房」などのサイトを運営中です。インターネットは様々な可能性を持っているので、これからもアイデアをどんどん出して挑戦していくつもりです。

情報を発信することは、情報を受けることと同じくらいに大切なことと想います。小さな交流でもそれがいつか大きな交流につながると思っています。
だから小さな交流を大切にしようと思います。

そんな情報を集めていると、すごいものにぶち当たりました。
2011年の10月に日本に始めて入ってきたインターネットビジネスのトークフュージョンというのがあります。なんといっても3分で収入が入るという、インスタントペイのシステムを持っているのです。「え!今までにないビジネス」
「しかも、まだ日本に入ってきて間がない!」
これはチャンスですよ! そう思った方は以下のURLをクリック。ここでトークフュージョンのいろいろなことがわかります。
ここで、登録もできますよ。今がチャンス!

http://www.yo-in.net/future/future.html


現在四つのサイトを運営中

★「天使の占い」http://www.yo-in.com/
★「コーチング夢幸房」http://www.kakei-shi.net/
★「社名 社長占い」http://www.syamei.net/
★SEO対策とセミナーの「サティソフト」http://www.satieweb.net/

趣味は無趣味というのは、どうかと思うので学生時代は剣道。
水泳は平泳ぎしかできません。
社会に出てからは、射撃に懲りました。エアーピストルの選手でもありました。僕の先生は、富山国体で優勝した方です。
2011年の11月末にタイのプーケットに行って、実際にピストルを撃ってきました。
やっぱり本物は緊張しました。でも、射撃場の人にリップサービスかも知れませんが、プロ級と褒められたのが単純に嬉しかった。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格言ー狂信者とは、頭を切りかえることができず、話題も変えようとしない者のことだ。
格言ー狂信者とは、頭を切りかえることができず、話題も変えようとしない者のことだ。
---チャーチル(イギリスの政治家)---

ここでいう狂信者になれれば幸せだろうなと思う。ひとつのことだけに夢中になり、寝ても覚めてもそのことしか頭になく、どこに行ってもその話しかしない。ひとつことだけに一途になれて、それだけの生活に埋没してどこまでも自分の世界に浸れて人は関係ない生活ができれば何といいのだろうか!そういう狂信者になりたいものだ。

などと、考えてみてもそういうのは自分の頭の中だけで、実際は田舎であれば様々な人間関係のしがらみの中におかれて、それだけで頭がいっぱいになってしまいそうなのが現実だ。些細な出来事から村の重大な問題に至るまで、何らかの形で皆が共有しあっている。それが本当の姿なのだろう!昔、Uターンなどといわれる前に、都会に若者がどんどん出て行った。そこにはそんなしがらみから抜け出したい若者の夢や希望があったのだろう!

テレビを見ていたら、沖縄の石垣島の話が出ていた。田舎暮らしの人たちの話であった。石垣島の素晴らしい自然に見せられて、都会の暮らしにピリオドを打ち移住してきた人たちの話である。大自然の美しさと引き替えにその地の住民達との密度の濃い人間関係を受け入れなければならないのだ。それができずに悩んで、結局は80%くらいの人が再び都会に帰っていくという。そうだろうなと思う。人は自分が考えているような世界というのは、自分だけの世界だということにはじめて気がつく。そして夢が終わる。

たぶんそういう人は、狂信者になれなかった人なのだろう!無人島に独りで住んでいる人がいた。正確には無人島ではないですね!その人が住んでいるのですから。でもその人は、狂信者なのだと思う。周りは関係なく自分の世界だけで生きているのですから!結局自分が幸せになれる人というのは、極度に自分の世界を思いこむことのできる人で、人との関係に優先順位のない人なのではないかと思う。しかし、それでは社会は成立しない。また、社会はそういう人をどこかで排除するようになる。でも社会には、釣りバカの浜ちゃんのような人を受け入れるキャパシティもあるから楽しいのだ。

占い一言居士:
隣の韓国では今改名がさかんに行われているという。それは、「私の名前はキム・サムスン」という人気ドラマで改名を申請するシーンがあるからというわけではないが、名前の故に自分が多くの損失を被ってきたという人もいるからだ。それだけ名前というものが持つ影響の強さを考えさせられる。だからこそ改名は自分の遺伝子スイッチをオONにできる名前にしたいものだ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/


SEO対策とセミナー・ホームページの診断と顧客管理ソフトで
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー自分ブランドで勝負できる人間になって欲しい。
格言ー自分ブランドで勝負できる人間になって欲しい。
---藤巻幸夫(イトーヨーカ堂取締執行役員)---

自分ブランド、いわゆるセルフブランドということだろうが、そのセルフという中には、様々な意味が隠されている。単純には自分自身のことをいうのだが、そこには自己の確立とか、自己実現とか、自己の見識など奥深い価値観が隠れている。オンリーワンというのとも少し違うだろう!技術的な能力と共に、内面的な価値観においても、他と違う何かを持っているということだ。

そういうように解釈しているのだが、人それぞれの考えがあっていいのだろう!ブランドというのは、すでにイメージとして確立しているということなのだが、そこには他の追随を許さないくらいの絶対的な世界があるということなのだ。そんな世界を自分が持てれば、それ以上のことはない。それが出来れば誰も苦しむ事なんてないのにと思うのだが・・・。

昔の人は一芸に秀でるといった。「一芸は多芸に通ず」ということもいうが、その一芸を確立するまでに大変な労力を要する。職人技というのはそういうものだ。そういえば、現代の技術立国日本を支えている業も多くが江戸時代からの職人の業が基礎になっている。そういう積み重ねてきたものを相続してきているというのも凄いことなのだ。だから、技術を確立するだけではなく、それを伝達するという技術も持っているということがいえる。そこが素晴らしい。

自分ブランドは、自分の人生をかけて確立するものだが、それは皆が持っているはずだ。自分ブランドが何もないという人はいないはずだ。皆何かしら持っている。それに気がついていない人もいるのだ。社会はあらゆる可能性を欲しがっている。その可能性というのは人の内面に隠されてしまっている。だからこそ、それをちょっと工夫すれば表に出る道があるはずなのだ。行政がちょっと努力すれば、これから団塊の世代に隠れている自分ブランドがいっぱい出てくるのではないか?

占い一言居士:
命名に対する親の想いは、自然と男の子は男の子らしく、女の子は女の子らしくという漠然としているが大きな願いに満ちあふれている。事実子供は自然の摂理に導かれて育つ。大きな親の想いが命名の祭に、仕事や結婚、人間会計など様々な願いに細分化されてくるのだ。その湧きいずる自然な想いこそ尊いものなのだ。その中心ポイントをずらしてはならない。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/


SEO対策とセミナー・ホームページの診断と顧客管理ソフトで
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ータイミングには個性があっていい。
格言ータイミングには個性があっていい。
---清水博子(作家)---

何事にもタイミングというものはある。それは、ある事象に対して自分の対応がマッチングしているかどうかということなのである。だからそれがどうもずれる人がいる。そうすると、そのことが面白かったり、反対にとんでもないと怒ってみたりと、マッチングしなかったことに対する人々の反応は様々だということになる。

普通は合えば気持ちいいことになるし、合わないこともおもしろがることもある。するとタイミングという正体はいったい何だろうということになる。これは「放たれた矢の受け止め方」ということだろう。丁々発止のやりとりと考えた方がいいかもしれない。投げたボールをキャッチャーがどう受け止めてそれをピッチャーにどう投げ返すかということだ。そのやりとりがスムーズに流れるとタイミングが合っているということになる。

大阪の漫才の「ぼけとつっこみ」というのは、ここらあたりのタイミングのずれを狙った言葉遊びを芸の域にまで高めたものに違いない。それにしても、こういう芸というのは日本人だからこそできるのではないかと思う。ここにも長い日本の培われてきた伝統が生きているような気がする。漫才の歴史は古く、平安時代までさかのぼることができる。新年の言祝ぐの歌舞が源流であり、尾張漫才、三河万歳などが有名である。一人が口上を、一人が鼓にあわせて舞を舞うというスタイルであったが、これが二人の言葉の掛け合い問答に発展していった。今の漫才という言葉は実は吉本興業の宣伝部が付けたものである。

この漫才というのも、日本の伝統的な価値観である「相対的な文化」が隠されている。茶道や花道も主体と客体といった相対する二つの存在の間に美や情感を表し、それを楽しむということができる。神という絶対的な父性と向き合ってきた欧米文化とは全く異にするのである。といって中国や韓国などとも違う。どちらかというと中国や韓国は儒教的な天帝という絶対存在を思わせる影響が強く、そういう意味では欧米的である。だから日本という国は東洋でも不思議な国なのだ。それだけ人間くさいということがいえる。タイミングというのは、日本独特の「間合いの文化」ということなのだ。

占い一言居士:
占いというといまだに、「私いつまでいきられますか?」こんなことを質問する人がいる。占いで人の生死が分かるなら神様や仏様入らないということになる。いい加減な占い師ほど人の生死や運不運の不安を駆り立てる。もともと占いは今後の方向性を決めるためのものであり、それによって様々な準備をするためのものである。神や仏の領域を侵す占い師は言語道断だ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/


SEO対策とセミナー・ホームページの診断と顧客管理ソフトで
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー青年時代には日々は短く年は長い。老年時代は日々は長く年は短い。
格言ー青年時代には日々は短く年は長い。老年時代は日々は長く年は短い。
---バクーニン(ロシアの無政府主義者)---

無政府主義というのは、アナキズムと呼ばれるがその思想は必ずしも一様ではなく自由主義から共産主義、個人主義まで様々な内容を内包している。しかし、極論的な理想といえばいえないわけではない。誰しも国家から管理されたいなどとは思ってはいないだろう!しかし、現実は国家という庇護がなければ世界という隣人と月あることは困難なのだ。必ずしも隣人がいい人とは限らないことの方が多い。

人生という長いスパンで物事を考えると、やっぱり平等なのかも知れないと思う。人間の欲望と心の安心立命とはどうも相反するような木がする。しかし欲望がなければ発展はしないし、その欲望が人間を不安に陥れる張本人である場合もある。若いときに頑張った人が年をとってもそれを維持することができるであろうかというと、それも疑問だ。若いときに無茶をした人が年をとっても同じようにむちゃくちゃな人生を送っているかというとそうでもない。

ストレス社会というのだが、ストレスは敵ではない。ストレスをどう扱うかという人間の方の知恵が試されているだけなのだ。太古の昔から人間は、強力な敵に囲まれていた。非力な人間が自然界の頂点に立つ万物の霊長といわれるようになれたのは、常にそのストレスを乗り越える知恵を持ってきたからに他ならない。青年時代はよく考えたものだ。この僕に金と権力があればもっと世の中をよくすることができるのに!何と神は不公平なのかと嘆いたものだ。年をとって今は、もしもっと強靱な体力と健康が備わっていれば、もっと世の中に役に立つことができるのに!と嘆いている僕がいる。

考えてみれば、無政府主義者だろうが、自由主義者だろうが、個人主義者だろうが、結局は人間というのは己の与えられた環境の中で自分を自分で規定してしまって、勝手にカテゴリーをつくってしまっているのだろう!確かに社会的な制約はある。それでも、その中で自分の可能性を生きる人は過去でもたくさんいた。福沢諭吉は「門閥制度は親の敵」といったそうだが、それでも封建社会が残した遺産は社会的に見れば偉大なものがある。今の社会が後世に何を残せるかは青年や老人の生き方にかかっているはずだ。

占い一言居士:
相性占いをして欲しい人は、相手がどうなのかということばかり気にしている人が多い。だからそういう人は、いつまでたっても本当に相性の合う人を見つけることができないだろう!自分がどうあるべきかという主体性があって相手の相性というのが分かる。だから、運命の人などと思っている人は永遠に運命から見放されることになる。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー私とあなたは秘密が守れるわよね。同罪ですもの。
格言ー私とあなたは秘密が守れるわよね。同罪ですもの。
---姫野カオルコ(作家)---

秘密を共有するというのは、これが一番いい方法だ。何かというと仲良くなるということのためである。人は一生懸命仲良くなろうなろうと努力しても、そう簡単に仲良くなれるものではない。そこには、何か共通の要素が必要なのだが、それは、相当時間をかけなければ「何か」を見つけることはできないと思う。中には、釣りバカの浜ちゃんみたいにすぐに仲良くなってしまう天才もいるが、人はそう簡単ではない。

夫婦も共有する秘密があればいいということになる。だから、「敵の敵は味方」というように、共通の敵を持つことも時には必要だ。だから家庭というのは社会の縮図というがその通りなのだろう!嫁と姑も仲が悪くても、姑はあまり気にしない方がいい。姑を敵にして夫婦がうまくやっているという場合もあるのだ。だから、いちいち目くじらを立てていると、命がいくつあってもたまらないことになる。

嫁と姑の中を裁くのは、男としてはなかなか至難の業なのだが、例えば姑の知らない嫁のへそくりの場所を知っている。一方姑である母親のへそくりのあり場所も知っている。というように二人の共通の秘密を持っていれば、この二人に対してちゃんとした発言権を持つことができる。まあ、そんなぎくしゃくした家族はないにしても、多かれ少なかれそういう小さな出来事をちゃんとしなければならない。その辺の呼吸を心得ることも必要なのだ。

昔から、いいことをしようなどというスローガンはいっぱいあるが、世の中悪いこと共有する方が結束力は固いのだ。だからいつも正義はやられ、悪が勝というようなことになる。だから正義が勝つには危機感をしっかりとあおらないと結束しないということになる。同罪という観念は強い結束力を持つように思えるのだが、それは一過性のものだ。人の絆は永遠性を持つためには、悪の共有よりも事情圏と心の共有するという方がずっとうまく行くはずだ。

占い一言居士:
三重県のデパートが「お休み処」を「おもてなし処」と改名したそうだ。この改名は効果が期待できそうだ。何故かというと、お休みというのは、「勝手に休めバー」ということになるが、「おもてなし処」というのは、ちゃんと接待してくれるという意味があるからだ。このように改名というのはイメージを大きく転換するチャンスでもあるのだ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/


テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー表情の読めない相手と話をするのは、気疲れするものだ。
格言ー表情の読めない相手と話をするのは、気疲れするものだ。
---ヴァシィ章絵(作家)---

表情というのは、その人の内面が現れるのだが、現代はその表情を隠す訓練をした人が世の中をうまく渡ることができるらしい。そういうことでは、田舎は面白い。やっぱり自分が素直に出る。だからこそ、ぶつかりも出るのだがそこが問題解決の早道だ。コミュニケーションをどのようにするかというのは、その国の文化が出る。会社でも組織でもそうだろう!持っている文化がやっぱり出る。

心が態度に出るというのは、全部が全部ではないのだが、普段とは違った何か違う仕種とか、ちょっとした表情というのがある。それを見逃さないことだ。ところが人間というのは慣れてくると、そういう表情もそんなもんかと思って軽視してしまう。人間というものは大きな石はちゃんと見えるからよけてとおるが、小さな石は見落として結局その小石につまずくことになる。だから人は自分をちゃんとオープンにすることがいいのだ。

そういうことでは、隠し事のないのが田舎だ。実家では隣の晩ご飯まで知っているということが昔はあった。それだから、いじくらしいこともあるのだが協力関係もできる。能登の宇出津の「あばれ祭」に行ってきた。この祭は一度は行ってみたかった祭なのだが、聞きしにまさる「祭」中の「祭」と思う。ここでは、何も隠すものもない。誰も、声をかければ家の中でおよばれできるらしい。小賢しい知識をひけらかせばかえって人間性を疑われる。裸のつき合いというのは心の裸ということだ。

「目は口ほどにものを言う」というのはことわざだが、相手の目を見ていればその表情で目の動きが変わってくる。そこまで見ると、この人は何かを隠しているとか何かまだいってないことがあるとか、様々なことが憶測できる。でも、そこまで人を観察しなければならない世界もしんどいものだ。政治の世界は今でもそうだがひとつひとつに意味のある行動をしている。それを悟かどうかが分かれ道となる。そういう意味では日本の察する文化というのは凄いことだと思う。それでも、相手の表情を読まなくてもいい「家族水入らず」というのがやっぱり一番ではないか!

占い一言居士:
命名について考えてみよう!名前は個人を特定するものである。その個人を識別するという以上に、実は個人の持っている内容まで影響を与えてしまうということなのである。そこに命名の素晴らしさと、怖さもある。命名は個人の持つ器を決める作業と考えればいい。だからこそ、真剣勝負といえる。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房


社名・店名・改名・芸名鑑定は社名・店名・人事net/

テーマ:日記 - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。