健康・美容・ビジネス思いのまま日記
健康情報、美容情報、アフィリエイト、ビジネス情報など思いのままを日記にしました。
プロフィール

遠山快空

Author:遠山快空
1952年生まれの辰年、「社名 社長占い」サティソフト」「コーチング夢幸房」などのサイトを運営中です。インターネットは様々な可能性を持っているので、これからもアイデアをどんどん出して挑戦していくつもりです。

情報を発信することは、情報を受けることと同じくらいに大切なことと想います。小さな交流でもそれがいつか大きな交流につながると思っています。
だから小さな交流を大切にしようと思います。

そんな情報を集めていると、すごいものにぶち当たりました。
2011年の10月に日本に始めて入ってきたインターネットビジネスのトークフュージョンというのがあります。なんといっても3分で収入が入るという、インスタントペイのシステムを持っているのです。「え!今までにないビジネス」
「しかも、まだ日本に入ってきて間がない!」
これはチャンスですよ! そう思った方は以下のURLをクリック。ここでトークフュージョンのいろいろなことがわかります。
ここで、登録もできますよ。今がチャンス!

http://www.yo-in.net/future/future.html


現在四つのサイトを運営中

★「天使の占い」http://www.yo-in.com/
★「コーチング夢幸房」http://www.kakei-shi.net/
★「社名 社長占い」http://www.syamei.net/
★SEO対策とセミナーの「サティソフト」http://www.satieweb.net/

趣味は無趣味というのは、どうかと思うので学生時代は剣道。
水泳は平泳ぎしかできません。
社会に出てからは、射撃に懲りました。エアーピストルの選手でもありました。僕の先生は、富山国体で優勝した方です。
2011年の11月末にタイのプーケットに行って、実際にピストルを撃ってきました。
やっぱり本物は緊張しました。でも、射撃場の人にリップサービスかも知れませんが、プロ級と褒められたのが単純に嬉しかった。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格言ーひらめきは、それを得ようと長い間、準備・苦心した者だけに与えられる。
格言ーひらめきは、それを得ようと長い間、準備・苦心した者だけに与えられる。
---パスツール(フランスの細菌学者)---

突然の天啓などというものはないと思っている。突然のように思えても、それは長い間苦悶したり、考え続けたり、意識を集中してきたりなど、そういう問題意識の結実がひらめきや天啓などと呼ばれるものである。これも当たり前ではあるが、そういう問題意識を持ち続けるということも実は大変なことなのである。

研究者や開発者にとっては、そういう努力というものが無駄なようでそれが何かにつながっているはずだ。エジソンが『天才、それは一つの短い文章で十分に定義できる。つまり、1パーセントの霊感と99パーセントの汗である』といったのは、彼の実感なのだと思う。そういう意味では、ひらめきというのは、努力の結晶に対する神様のご褒美ということもできる。でも誰にでもこのご褒美は与えられるかというと、そうでもないらしい。

偉大なる発明や発見をする人は、必ずその努力というのが人並みではないということである。考古学上での偉大な発見であるツタンカーメンの王墓は、イギリス人考古学者ハワード・カーターによって発見された。しかし、その発見に至る道のりは、険しいものであった。元々学歴もない王墓の模写という絵描きでエジプトに渡った青年が誰にも知られていないツタンカーメンの墓を発見するには、相当のドラマがあった。奇跡の連続である。彼は人間関係が下手であった。お上手や嘘をつくことができなかったのである。そして発掘権が失われる最後の1年にかけた執念が世紀の発見へとつながったのだ。

誰にでもそういう何かにかける執念は、一度は持ったことがあるはずだ。問題はそれを持続できるかどうかということなのである。最後まであきらめないで持続したものだけが、神様からご褒美をもらうのである。それをご褒美と思えるかどうかが、次の人生の分かれ道になる。何故かというと、自分の全ての力と思ってしまえば、ご褒美や天啓というのは、意味をなさなくなってしまうからだ。そこには、ひらめきや天啓の主人は人間ではなく、目に見えない何かの力であるといえるからだ。それに敬意を表すのは最低限の礼儀である。

占い一言居士:
命名というのは、その国の歴史や風土、神々とのつながりなど深い関係がある。それを無視した名前というものは考えられない。それほど深い意味合いがあるということなのである。例えば、天皇家には苗字はない。何故ならば、日本人の先祖だからである。その天皇家から姓をいただいて出発したということになっている。そこから歴史を経て苗字というように変化発展しているのだ。姓にも名にもちゃんとしたいわれがあるのだ。だからこそ命名には、姓という伝統とのバランスが大切ということになる。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー急成長会社では、無能なものが要位にいる。会社の成長について生きなかった人々である。
格言ー急成長会社では、無能なものが要位にいる。会社の成長について生きなかった人々である。
---ドラッカー(アメリカの経営学者)---

最近のコンピューター革命?で、その端境期に入った人々がいる。団塊の世代は現役のアナログ世代。しっかりと人脈をつくり、人間のベースをつかんでいる。それに技術面では、コンピュータ処理できない分野では、そういう職人技術を持っている。何といっても日本の高度経済成長期を支えてきた人々である。猛烈社員といわれた自負は残っている。

それに反して、団塊以後の世代はというと、これがなかなか難しいところである。団塊の世代に遅れまじとその後ろ姿を見ながらついては行ったものの、現在40代後半のコンピューター世代の前には手も足も出ないというどうにも中途半端な位置におかれていることになる。やっとワープロに慣れ親しんだ頃にはコンピューターに移ってしまっている。気がついたら時代遅れで使い物にならないという中にある。

かわいそうなのは、昔は年功序列で、会社にいればそれなりの待遇がある程度は確かなものだった。それが、能力給や年俸制など給料面での査定が個人の実績にシフトしてきたのである。それまでは、個人の力もさることながら、全体で業績を上げようという機運がどこかにあった。それにあぐらをかいていたといえば、そうかも知れないが皆がそんなもんだった。そんな中での社会構造の変化は、中間管理職などは必要のない時代に入ってしまった。情報がトップに直接伝わるような時代である。みんなをまとめるというような人間の技術はどこか古くさいもののように思われてしまう。

組織が大きくなると、人間の創造能力というのは個人だけの力によるものではないということがわかってきた。もちろん個人の力は大きいのだが、その個人の力を発揮するベースというのは、実は人間が集まった中から生まれる。あのGoogleでも新しい技術の開発やアイデアはアナログの掲示板なのだそうだ。自分のアイデアを共有する。その共有の中から新しい発見が生まれる。そういう流れができている。気がついてみると、デジタルなはずのコンピューターは、コミュニケーションの場を広げただけということになっている。いつの時代でも人間力が大切ということになる。たぶんそれは変わらないことだと思う。

占い一言居士:
占いをしていておもしろいことがある。それは誰もが占いに興味を持っていてその占いを積極的に受け入れようとしているということだ。実は否定する人も認めたくないという心理が働いているからこそ積極的に否定するのである。誰しも心の中に自分を知りたいという強い願望の根っこを持っているのだ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー大きな財産があるところには、かならず大きな不平等がある。
格言ー大きな財産があるところには、かならず大きな不平等がある。
---アダム・スミス(イギリスの経済学者)---

国富論で有名なアダム・スミスさん。平等という問題では、日本人はどういうわけかこの平等感に思い入れが強いのです。皆とにかく何が何でも平等であって当然と思いますから、ちょっとでも不平等感を味わうとすぐに文句が出るわけです。「何であいつが~で、わたしが~なのよ」というわけです。この平等感がどこから来たのかというのは、少々問題なのです。

格差を当然の如く受け入れる欧米と、絶対ともいえる平等意識を持つ日本人は何でなの?難しいのですが、たぶん「万世一系の天皇をいただく、同じ血族の単一民族」というのが、影響しているのではないかと思います。だから、同僚が出世すれば、「たまたま運が良かっただけ!本当はわたしの方が力があるはずなのに」と内心しっかりと思っているのです。これが嫉妬心や向上心へつながるのですが・・・。

実は最近格差が当然のように行われるようになって、若者の間に格差が当然と思う人たちが現れてきたら、それこそ問題なのです。この絶対的な平等感を”悪いこと”のようにいう人たちがいますが、それは間違いではないかと思います。こういう価値観は、日本人の文化なのです。だからこそ、この平等感が様々なエネルギーになってきました。その良き面を否定するような自虐的な考えは、文化を否定するようなものです。何でも欧米化現象は、日本人のアイデンティティを壊してしまいます。国際化はアイデンティティの喪失ではないはずです。

「~ナイズ」とよくいわれます。確かに相手を知るためには「~ナイズ」されなければ相手がわからないということもあるでしょう!しかし、それは個人の問題であって国全体が「欧米ナイズ」されていいのでしょうか?そういう風潮を創り出すマスコミの価値観も実は平等ではないといえるでしょう!欧米化された宣伝をするならば、その対極にある日本的な文化の価値観を同時に番組作りするようなバランス感覚があってもいいと思います。そこら辺が商業主義のモラル低下というか限界なのではないか? そのくらいにしっかりと考えられる人材がトップにいなくなってしまったといえるんではないかと思います。頑張れ平等主義!

占い一言居士:
相性というのは、お互いに合うか合わないかという単純なものではない。合うとか合わないなどということの前に、実は互いに「共通の何か」を探さなければならないのである。現代の人は、これができない。そういう訓練がなされていないようだ。互いに名告り、互いに自己を開いて、ちゃんと出自を明らかにし、自己を相手に認識してもらう。こういう作業もできないのに、相性も何もあったものではない。相性というのは、その共通の何かを持っていて生まれてくるものなのである。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房


テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー花は盛りに、月は隅なきをのみ、見るものかは。
格言ー花は盛りに、月は隅なきをのみ、見るものかは。
---吉田兼好(鎌倉末期の歌人)---

桜の季節を越えて、今は新緑の葉桜を拝むようになりました。それもなかなか眼には涼やかに映ってよいものです。田舎では、ちょうど医科大に向かう潟沿いの道路があるのだが、そこが桜並木になっている。延々と続く桜街道は車を走らせても気持ちのいいものです。

母恋街道と名付けられたその桜道路は、医科大に入院していた母親を偲んで植えられたものらしいのです。桜は日本人の精神を表しているということですが、特にソメイヨシノは、見事な花のつけ方と散り際の良さから、皆に最も愛される桜だと思います。どうして桜を日本人は好きなのかというのは、日本人だから何となくわかるような気がしますが、それを説明しろといわれても心情的な世界は難しいですね!

日本人の心象世界には、仏教の諸行無常という考え方が根っこのように植え付けられているのではないかと思います。だから、「移りゆく様」をながめるということがとても好きなのではないかと思います。小川のせせらぎなどたえずとどまるところを知らず、変化している面白さを楽しむというのもいいものです。その時々の風情を善しとする心意気は、いいものです。そういう時系列で風景をとらえるというのは日本人の特技なのかも知れません。

桜の花のそういう変化の早さは日本人の心意気なのかも知れません。韓国はムグンファ(木槿の花)、一つずつ咲き続ける艶やかな花の姿は、韓国の方の心の姿を現しているようにも思います。それぞれの国にはそれぞれの心象風景を表す花があるのでしょう!移りゆく1本の桜木に思いをはせることは、人生の流転をかいま見るようであったり、その姿に自らを重ね合わせることが「生きている」ことの実感を伴うものなのでしょうか。

占い一言居士:
拠り所・依りどころということがあります。ご神木というのがあります。それは神様そのものというよりは、神がそこにやってくる「依り代」ということです。巫女さんもそういう意味では「神の依り代」なのです。名前というものもそういう意味では「神の依り代」になります。名前を占う・命名する・改名する・姓名判断などは結局その人に寄り集う「神を占う」ということになるのです。自分の名前が善き「神の依り代」であることを願うばかりです。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー信じるものは強者である。
格言ー信じるものは強者である。
---阿部牧郎(作家)---

「米CNNテレビのコメンテーターが中国人を「ごろつき」などと発言」ということで問題になったが、そう言われてもしょうがないことを中共(中華人民共和国)自体がしているように思う。隣にいい人が引っ越してくると、近所づきあいも楽しくなり、生活もエンジョイできることが多いのであるが、隣にヤクザが引っ越してきたら、そこに居住すること自体がしんどくなる。

その内にあきらめて、いいなりになるか、それとも付き合うのをやめようとするかのどちらかである。そんなことを狙っているかのような態度である。農薬入り餃子事件もそうだ。チベットの事件でもそうだ。都合が悪くなると、人の家のことに顔を突っ込むな!という「内政干渉」ということをいってくる。都合が悪くなれば、自国(中共)を陥れる不満分子の仕業などとすぐに人の性にする。日本テレビの朝の番組で、「もはや内政干渉ではなくて国際問題にチベット事件はなっている」といっていたが本当だ。大体オリンピックの聖火を警察や軍隊が守らなければならないこと自体がもはや平和の祭典を開く資格がないことを物語っている。

人は何かを信じて生きている。何かに依って生きざるを得ないのが人間でもある。そこに生き方の違いが出てくる。ところが、同じ依って生きるにしても絶対的なものに依ることと、そうでないことに依るというのでは、生き方が大きく変わってくる。今まで歴史は西回りで動いてきた。それは、実は砂漠の宗教がもたらした結果である。唯一絶対の神を信じる。その神を裏切れば死が待っているという過酷なものだ。聖書には次のような一節がある。列王紀上9/6「わたしがあなた方の前に置いた戒めと定めとを守らず、他の神々に行って、それに仕え、それを拝むならば、わたしはイスラエルをわたしが与えた地のおもてから断つであろう・・・」唯一絶対であることは、自分がその代身となって自分も唯一絶対になることができるのだ。この思想が強大な文化圏形勢の力になった。しかし、今はそのほころびが出始めている。

八百万の神々を信じる大和の国は、唯一絶対神はいない。神々といえども様々な世界を持っている。それは同時に人間界に相対している。そういう多様な文化圏を形成してきたのが大和の国である。アジアの文化はそのように唯一絶対を持たなかったが故にまとまりがなさそうに見えて多様な文化の花を咲かせてきた。だから包容力と奥行きがある文化なのである。今西回りの文化が限界に近づいている中に、アジアが注目を浴びている。それは多様性のある相対文化だ。それを今は西回りでやって来た文化圏が学ぼうとしている。文化の垣根が少しづつ変化している。時代は変わりつつあるということだ。そんな中にアジアの中で儒教という一神教の背景を持つ国が自国の主張を輸出しようとする態度に出ることは、時代の流れに反することになるかと思う。そういう国は歴史がほっとかないはずだ。

占い一言居士:
相性を考えると、様々な人間模様が見えてくる。そこには基本的な人の心模様がある。そこから見えてくるのは、相手に対するつきあい方という自分のみの振り方である。相性は相手を知ることもあるが、それ以上に自分の心のレベルを上げるために必要なものだ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー人は何かを失わずして、何かを得ることは難しい。
格言ー人は何かを失わずして、何かを得ることは難しい。
---火坂雅志(作家)---

選択の連続。それが人生という言い方も出来る。最近は宮崎県の東国原知事なども参加した「センタク」も政治というのが選択で成立していることを良く物語っていると思う。有権者が誰を選択するかということであり、どの政党を選択するかで国の方向性が変わってしまう。参院で民主党が過半数を占めたということが問題ではなく、党首が小沢だということの方が問題なのである。

健全野党として国政を担うというよりも、最近の意味のない混乱は権力奪取だけのために行っているような印象を受ける。小沢には政権を取ったら何をしでかすかわからない危うさが見受けられるように思う。別に政治信条を調べたわけではないが、そんな印象を与えるのが小沢だ。民主党が小沢を選択したときから、今の道筋が生まれたということだ。小沢で思い出した。

田中角栄が中共(中華人民共和国)と国交を結んだ選択は、今にして思えば時期的にこの選択がよかったのかと考えさせられる。赤い袖の下を隠して資本主義に走る中共の真の姿が最近見えるようになった。日本に輸入された農薬餃子事件では、一片の謝罪もなく日本を犯人であるようなコメントを出し有耶無耶にしてしまった。オリンピックをひかえてチベットに対する武力弾圧が問題になっているが、これもダライラマに全ての罪をかぶせてしらを切るつもりだ。ここにも中共の赤い袖の下と二枚舌の中華思想が見え隠れする。

こんな話をするつもりではなかったが、何となく話の流れで政治になってしまった。犠牲ということばがあるが、人は何かを得ようとすると必ず何かを犠牲にしているということがいえる。その犠牲の代価によって何かを得ているといっていい。それはその人の人生の価値観によるのだが、犠牲が大きければ大きいほどその受け取る代価も大きいということになる。ただ人に強いる犠牲というのはよくない。自分の持っている何かを犠牲にするというのが正統だろう。それが睡眠であったり、食欲であったり、遊びであったり、趣味であったりなど人によって犠牲は異なるが、自分自身を供え物にする努力はいつの時代になっても必要な犠牲であると思う。

占い一言居士:
改名することで自分を表現するということができるようになる。人は自己表現してこそ自己のアイデンティティを確認できるというものだ。その昔女性は本当の名を隠していた。その名を教えるということは、相手が自分の永遠の伴侶であるということを告白するということなのである。普段は改名と同じような字名を使って「仮」で生きているのだ。そういう多彩な生き方を昔の人はできた。現代でも改名というペンネームを持つことは、多彩な生き方を可能にするということなのだ。改名というペンネームを持つことは、人生を豊にするということである。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー子のある者は子について憂い、また牛のある者は牛について憂う。
格言ー子のある者は子について憂い、また牛のある者は牛について憂う。
---スッタニパータ(仏典)---

仏教は終始一貫して「執着」ということがテーマだと思う。この「執着」ということを取り払ってしまえば、実は人間は何も残らないのではないかと思うのであるが、思えば昔から「執着」ということが人間の人生を大きく変化させてきたといえる。執着すればするほどそこから逃げられなくなりどつぼにはまることになる。

この欲望が人をして破滅に追いやるということなのだろうが、欲望なくして発展が望めないのも真実である。持つ者はその財産ゆえに悩み、持たざる者は財力がないことのゆえに悩むと言うことである。仏教が目指したのはこの2つの世界を越えたところにある。持つ者も持たざる者もその執着を離れて「あるがままの自分」を見つけるということなのだろう!そこに「我」ならず「真我」を発見するのである。

釈尊の逸話の中に、鬼子母神の話が出てくる。鬼神の妻で500人の子の母親でありながら、他人の子を捕まえては食べてしまうために、釈尊は彼女の一番愛していた末子を隠してしまい、子を失う母親の苦しみを教えた。それ以後彼女は仏教に帰依し、子供と安産の守り神となったのである。「おそれいりやの鬼子母神」は有名である。

この話から伺えるのは、執着する人間の苦しみは、やはり執着することを経験したものしかわからないということであり、そのこと故に、鬼子母神は執着する者の守り神になり得たのである。そして、人々に執着する者の悲しみや苦しみを教えていると同時に、子を失う悲しみがあっても、守り神である鬼子母神があの世で子を守ってくれているという「心の救い」をそこに見ることができる。釈尊は今から考えればなかなか粋な計らいをする人と思えるのだが・・・どうだろうか?

占い一言居士:
命名を考えるに、うがった見方をすれば、「名は命」と読むことができる。新渡戸稲造は武士道の中で「不名誉は木の切り傷のごとく,時はこれを消さず,かえってそれを大ならしむるのみ」といって、名誉を重んじ名を残すことを目標にした。命名というのは、その人の人生において、名を残すに値する名前でなければならないということである。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


コーチングしてみませんか?/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。