健康・美容・ビジネス思いのまま日記
健康情報、美容情報、アフィリエイト、ビジネス情報など思いのままを日記にしました。
プロフィール

遠山快空

Author:遠山快空
1952年生まれの辰年、「社名 社長占い」サティソフト」「コーチング夢幸房」などのサイトを運営中です。インターネットは様々な可能性を持っているので、これからもアイデアをどんどん出して挑戦していくつもりです。

情報を発信することは、情報を受けることと同じくらいに大切なことと想います。小さな交流でもそれがいつか大きな交流につながると思っています。
だから小さな交流を大切にしようと思います。

そんな情報を集めていると、すごいものにぶち当たりました。
2011年の10月に日本に始めて入ってきたインターネットビジネスのトークフュージョンというのがあります。なんといっても3分で収入が入るという、インスタントペイのシステムを持っているのです。「え!今までにないビジネス」
「しかも、まだ日本に入ってきて間がない!」
これはチャンスですよ! そう思った方は以下のURLをクリック。ここでトークフュージョンのいろいろなことがわかります。
ここで、登録もできますよ。今がチャンス!

http://www.yo-in.net/future/future.html


現在四つのサイトを運営中

★「天使の占い」http://www.yo-in.com/
★「コーチング夢幸房」http://www.kakei-shi.net/
★「社名 社長占い」http://www.syamei.net/
★SEO対策とセミナーの「サティソフト」http://www.satieweb.net/

趣味は無趣味というのは、どうかと思うので学生時代は剣道。
水泳は平泳ぎしかできません。
社会に出てからは、射撃に懲りました。エアーピストルの選手でもありました。僕の先生は、富山国体で優勝した方です。
2011年の11月末にタイのプーケットに行って、実際にピストルを撃ってきました。
やっぱり本物は緊張しました。でも、射撃場の人にリップサービスかも知れませんが、プロ級と褒められたのが単純に嬉しかった。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格言ー退屈な人間は人徳があってもだめだ。
格言ー退屈な人間は人徳があってもだめだ。
---奥田英朗(作家)---

人を楽しませることのできる人と、そうでない人がいる。人を楽しませ
ることのできる人は多くの人が集まるようになる。当然だ。面白くない
人のところに行ってもしょうがないから、誰しも面白くてちょっと為に
なる人のところに集まるようになるのは人情だ。だからといって、みん
なが面白い人では面白くはないではないか?という意見もあるだろう!
その通りで人は千差万別だから調和がとれているということになる。課
題はそれらの人々がお互いに連係プレイをとれるかどうかということで
ある。

人は個性があっていいのだが、その個性がぶつかり合ってお互いの個性
を壊してしまうのか?それとも、お互いの個性が助け合うのかで結果は
全然違ってくる。よくお酒が入らないと、いろいろな人と話もできない
から、お酒のつき合いは欠かせないとか、いろいろな理由がある。そん
なことは本人のいいわけにすぎない。お酒が入らなくてもお酒以上の会
話をすればいいのであるから、研究しなければならないのは会話力とい
うことにある。お酒の力を借りなければならないというのは、お酒に飲
まれているということになる。

ビジネスも楽しいということが必要だ。お金が必要以上にあれば人間と
いうのはどうも体たらくになりやすい。それも苦労なく入ってきたお金
ほど自分の身につかないといえる。まあ昔から「悪銭身につかず」とは
よく言ったものである。しかし、これはお金に対する哲学がないからこ
ういう事になった。お金というのは、人間の考え方が一番反映するもの
だから、それほどデリケートなものである。お金をうまく使える人とい
うのは、自分をうまく表現することのできる人でもある。お金が一番楽
しいこととは何だろうか?お金のみになって考えてみることも必要だ。

宝くじでお金が手に入ったとしよう!そうすると、お金の哲学がない人
はそのお金の故に家庭や夫婦関係が壊れてしまったりすることになる。
すると人は人徳がないといったりするのだが、誰でもお金という魔物を
手に入れると人徳は吹っ飛ぶかも知れない。人徳というのは何も人から
賞賛を受けるという人でもなければ、いい人だといわれる人でもない。
人から悪く言われないのも人徳と言うこともあるが、人徳というのは人
を組織しまとめ、方向性を示して、道をつくることのできる人、いわゆ
るリーダーという人であると考えた方がいいと思う。その資質が人徳で
ある。そうすると人が悪くても人徳?というものがあるかも?だったら
僕にも可能性はあるかもね?人の連係プレーをマネジメントできればい
いのだから・・!すると、誰でも人徳を持つことができるという楽しい
ことになる。

改名一言居士:
自分が求めていないのに、何となく人に言われたから、改名でも考えよ
うかなという人は、改名などはやめた方がいい。やけどをするのが落ち
だからだ。改名はちゃんと自分と向き合った人が自己を再創造するとい
う道だから、何となくでは改名の本当の価値はわからなくなってしまう。
するといつの間にか元の木阿弥になってしまう。それだけではない。自
分をもてあそべばいつか自分にそれが返ってくることになる。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


離婚 相談・夫婦 問題・相性の解決は「天使の占い」


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


離婚 結婚 相談 相性 コーチング カウンセリング
メールでコーチングいたします/コーチング夢幸房

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

格言ー勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る。
格言ー勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至
る。---徳川家康(江戸幕府初代将軍)---

世の中の成功をしている人達は、どこかで失敗をしていたり、手痛い目
に遭っていたり、様々な挫折のようなものを経験している。だから、そ
こから教訓をしっかりと自分のものにしている。そういうことが自分の
成功の材料となっている。だからといって失敗をすればいいというもの
ではない。できれば失敗しないで成功し続けることがどんなにかいいに
違いない。2代目がいろいろと問題といわれるのは、いわばそういう創
業者の苦労をしていないからなのかも知れない。

日曜日に愛知県の岡崎に行ってきた。仕事の途中に岡崎城を見学してき
た。ここは徳川家康が生まれた地である。そして幼少期の一時期を過ご
した徳川氏の本拠地であったところだ。そこで家康に体面をしてきた。
ここの家康と三河武士達の展示館はなかなか見応えがあった。時間が経
つのを忘れてしまうほどだ。実は家康という人は先祖の栄光だけはあっ
たのだが、自分は先祖から比べれば何もなところからの出発であった。
それに尾張と今川の間にはさまれて、その勢力に翻弄され、自分は人質
になるという出発が家康の世の中へのデビューであった。

家康という人は負けから始まったのであるが、そこでちゃんとポイント
の人物と会っている。それが尾張の織田信長だ。家康は人質時代に2年
間尾張に囚われの身であった。その後駿府の今川義元に人質になり、そ
こで出会ったのが今川家の軍師である太原雪斎だ。そこで受けた影響は
大きな糧になったに違いない。人造りにはそういう経験が必要だ。もち
ろん何事もなく順風であればそれに越したことはないのだが、世の中は
そうとばかり言っておれない状況がいつ出現するかわからないのが現実
だ。逆境こそ勉強することが多いものだ。うまくいっているときは勉強
ではない。それはたんに結果が出ているにすぎないときなのだ。そうい
う結果が出る背景には人生の勉強をする期間が必要であったということ
だ。

徳川家で偉いのは、実は創業者である家康はもちろんだが、それ以上に
2代目の秀忠もすごいといえる。何がというと、難しいのは創業よりは
継承だ。これがうまくいかないと創業の苦労も水の泡になってしまう。
2代目の難しさは、創業者のようなカリスマ性はないということだ。要
は求心力にどうしても欠けるということになる。実力の世界がものいう
ところで、実績もない2代目はどうやって認められるかということが課
題になる。秀忠公は家康の陰にありながら、用意周到にその嗣業を相続
していった。カリスマ性をうまく利用しながら、基盤を形成していった
実力はたいしたものだ。その背景には関ヶ原の戦いに参陣出来なかった
ことが影響している。それは、難しいのは「創業の時代」とは違った
「守成の時代」の君主のあり方としての資質が必要だからだ。そのこと
を秀忠は関ヶ原に参陣できなかったことから学んだに違いない。

占い一言居士:
迷いは誰にでもある。そんな時に頼りになるのは占いである。どうして
かというと、確かな根拠のある占いは、客観的になれるからである。そ
れまではいろいろと人の感情や利害の意見が渦巻いている。そんな時に
こそ、自分を素直に観ることのできる占いは、状況や事情圏を越えてい
るからだ。占いも人生にうまく利用するということが賢い生き方だ。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


離婚 相談・夫婦 問題・相性の解決は「天使の占い」


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


離婚 結婚 相談 相性 コーチング カウンセリング
メールでコーチングいたします/コーチング夢幸房


テーマ:日記 - ジャンル:日記

自由を制することのできぬ人は、自由の人と称しえず。
格言ー自由を制することのできぬ人は、自由の人と称しえず。
---ピタゴラス(古代ギリシャの数学者)---

自由というものは、これを得るためにどれだけの人が命を犠牲にしてき
たのだろう!それほど自由というのは人間の基本になっている。結局人
は太古より様々な生き物の自由を犠牲にしてきた。人間同士も互いの自
由を奪い合う戦いを繰り返してきた。そこには権力や武力や政治力や財
力やいろいろなパワーが存在した。それを持つものは自由を得て、持た
ないものは自由を失った。そういう繰り返しが行われてきたといえる。

日本という国の成り立ちも、大陸からの進んだ文化の力を持った人達に
よって開拓され、そしてそのような人達が権力や政治の統治機構を造り
上げ、それらが権威や伝統ということになっていった。既得権を持った
特権階級が自由を謳歌し、そうでない人々は自由を奪われて奴隷化?し
ていった。大化の改新などは、果たして改新なのか?貴族による支配体
制を盤石なものにするために、貴族による土地という財産の国有化が進
められたのである。要するに自分たちの都合のよいように取り決めて、
それを力によって従わせようとしたということだ。これは貴族による共
産革命と同じだ。

大体貴族なるものが存在すること自体がおかしい。同じ人間なのに何故
貴賤の差別を付けるのかということだ。人間としての本来持っている価
値は同じはずなのにである。人の秩序はその役割によって担われるべき
ものであって、人の貴賤で決めるべきものではない。そういう意味では
歴史は権力者から自由を得るための戦いであった。武士という存在は、
日本の歴史の中で約700年間にわたって貴族という権力と戦ってきた
実体である。だから尊敬される内容がそこにはある。その武士は貴族化
したところから堕落が始まる。鎌倉幕府、江戸幕府は京都から距離をお
いたことは正解といえる。でも一番は織田信長だろう!貴族の権威その
ものを否定しようとしていたのだから!ただ彼は生きていれば新しい貴
族をつくったかも知れないから、そこは危ないところだった。

文化の発展はそういう意味では、徐々に大衆が自由を取り戻してきた発
展段階であるといえる。そういう意味では歴史過程を学ぶことはとても
大切なことである。それは、人間でいえば自分の人生を学ぶようなもの
だからだ。人の成長過程も何だかよく似ていて、親という権力や権威か
ら独立していく過程のようなものである。親の方もそれを知っていて、
いかに自立して巣立ちをし、自分が自由を確立して、自由に責任を持つ
ようになるかというところに教育の目標がある。人の成長過程は自由を
どう扱うかということの真理を学ぶことに費やされるといってもいい。
それを学べなかったものは長ずるに及んでも自由を手に入れることはで
きない。自由の中で最大の課題は経済からの自由である。これを学ぶこ
とが第一義である。そのことを多くの人がわかっていない。

命名一言居士:
命名では親の意向が大きく働く。それはそうだろう!自分たちの願いや
期待を次世代に託するのは当然といえるからだ。ただ、歴史的な要請が
違う。時代は家や家名を守るためというところから個人の持っている可
能性を最大限に生かすところに向かっている。そのことが国家や全体に
貢献することになるからだ。そこに必要なのは家族の愛情である。個人
の資質・運命式を活かすにも家族の愛情交流という相性がなければ運命
式のパワーは埋もれてしまう。愛情が命を守るということにつながる。


赤ちゃんの命名・改名・相性占いは天使の占い!


離婚 相談・夫婦 問題・相性の解決は「天使の占い」


社名・店名・改名・芸名判断は「社名 社長占い」


SEO対策とセミナー・ホームページの診断で
集客と売上のコンサルティングをするサティソフト/


離婚 結婚 相談 相性 コーチング カウンセリング
メールでコーチングいたします/コーチング夢幸房

テーマ:日記 - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。