健康・美容・ビジネス思いのまま日記
健康情報、美容情報、アフィリエイト、ビジネス情報など思いのままを日記にしました。
プロフィール

遠山快空

Author:遠山快空
1952年生まれの辰年、「社名 社長占い」サティソフト」「コーチング夢幸房」などのサイトを運営中です。インターネットは様々な可能性を持っているので、これからもアイデアをどんどん出して挑戦していくつもりです。

情報を発信することは、情報を受けることと同じくらいに大切なことと想います。小さな交流でもそれがいつか大きな交流につながると思っています。
だから小さな交流を大切にしようと思います。

そんな情報を集めていると、すごいものにぶち当たりました。
2011年の10月に日本に始めて入ってきたインターネットビジネスのトークフュージョンというのがあります。なんといっても3分で収入が入るという、インスタントペイのシステムを持っているのです。「え!今までにないビジネス」
「しかも、まだ日本に入ってきて間がない!」
これはチャンスですよ! そう思った方は以下のURLをクリック。ここでトークフュージョンのいろいろなことがわかります。
ここで、登録もできますよ。今がチャンス!

http://www.yo-in.net/future/future.html


現在四つのサイトを運営中

★「天使の占い」http://www.yo-in.com/
★「コーチング夢幸房」http://www.kakei-shi.net/
★「社名 社長占い」http://www.syamei.net/
★SEO対策とセミナーの「サティソフト」http://www.satieweb.net/

趣味は無趣味というのは、どうかと思うので学生時代は剣道。
水泳は平泳ぎしかできません。
社会に出てからは、射撃に懲りました。エアーピストルの選手でもありました。僕の先生は、富山国体で優勝した方です。
2011年の11月末にタイのプーケットに行って、実際にピストルを撃ってきました。
やっぱり本物は緊張しました。でも、射撃場の人にリップサービスかも知れませんが、プロ級と褒められたのが単純に嬉しかった。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★障害は道を阻むものではなく、導くものである。
~成功脳を考える~

★障害は道を阻むものではなく、導くものである。

いつも思うことがある。それは物事がうまくいかないときです。何かの壁にぶつかったとき、そんなときに思い出します。

『私には福の神がついている。
世の中には、いろいろな神様がいますが、福の神は大きい袋をしょって幸せをいっぱい運んできます。他の神様は身軽だから家を建てた時にも良い部屋にとっとと陣取ってしまいます。福の神が家に来た時に、残っているのは、おトイレだけ。だから、おトイレをいつも綺麗にしている人は福の神がいっぱいプレゼントをくれるよ。』

だから、壁にぶつかったときはおトイレ掃除をすることです。
すると、不思議に導かれることが出てくるかもしれませんよ?
試してみてください。
(遠山)

『夢をあきらめるのは一瞬じゃけど、後悔するのは一生ぜよ』 (坂本龍馬)
スポンサーサイト

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★逆行こそが意外な機会を与えてくれる
~成功脳を考える~

★逆行こそが意外な機会を与えてくれる

逆境というのは、見方を変えていうならば「失敗」ということもできます。
失敗にもいろいろあって、自分が招いて起こった出来事もあるし、対応を謝って起きた出来事もあるし、予想外の出来事でつまづくというのもあります。

どちらにしてもうまくいかなかったことは「失敗」ということになります。
ここで考えておかねばならないことは、企業は永遠ですか?グループは永遠ですか?国は永遠ですか?家庭も永遠ですか?

考えておかねばならないことは、何事も成長の途上の中にあるということです。はじめがあれば終わりが来るものです。大河の流れと一緒です。
空から落ちた一滴の雫が大海へと流れていくのとにています。大河の流れも、直線ではありません。様々な障害によって蛇行し方向を変え、自然美を作っています。

そう考えれば、人生という大河の中で逆境というのは、大河の流れを変えるきっかけ、チャンスになっているということです。逆境をチャンスとしてしまうことこそ「知恵」というものでしょう!そうなるもならないも自分次第ということだと思います。成長に必要だからこそ天が与えてくれたたまものかもしれません。
「すべてに意味がある」そのように天が教えてくれています。
(遠山)

『成功とは、自分らしく生きること。失敗とは、他人と比較して生きること。』(福島正伸)

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★すべての逆境はそれ以上のチャンスがある。
~成功脳を考える~

★すべての逆境はそれ以上のチャンスがある。

逆境ということについて、シェークスピアはこんなことを言っている。
「甘美なるものは逆境の時にこそ真価を発揮する」

いつでもそうなのだが、結果に対して過去の原因ばかり気にする人がいる。それは意味がないということです。問題は結果に対してどう対処するかということです。

「機をみるに敏」ということがあります。機というのは危機でもあり、機会でもあります。ということは、機が危機にも機会にも通ずるということです。
ということは、危機の時ほどチャンスがあるということになります。反対にチャンスの時ほど危機にもなるということです。

昔のことですが、会社が危機に陥ったときがあります。ものが売れなくなってしまったのです。そのときどうしたのか?ものが売れないなら、ものを売らないことにしたのです。そして、ものを売らないシステムを考えたのです。このことが将来大きな結果をもたらしました。まさに危機はチャンスということなのです。
こういうことは人生の中ではいつでも起こりうることだと知っておく必要があります。だから、危機をおそれてはならないということです。
海の男のシーマンシップに「海をおそれてはならない。しかし、海を侮ってはならない」というのがあります。同じことが危機に対応する私たちにもいえると思います。
(遠山)

『凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。風に流されている時ではない。』(チャーチル、イギリスの政治家)

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★なぜ欲しいものが手に入れられなかったのか?
~成功脳を考える~

★なぜ欲しいものが手に入れられなかったのか?

自分が望んでいることをもっと明確にしてみよう!
今までなぜ願っていたことが実現できていないのか?それはたぶん外側の誰かやいろいろな環境の性で決めていたことが多いのではないかということである。

自分が天に向かってにコミットしていないということに気づかないのだろうか?ここで願いを実現できない真の理由をあげてみることにする。

1)目標というのは、「他人にそう思ってもらいたい自分」ではないということです。こういう目標の決め方ってしていませんか?本当に自分が願っていることって何?ということです。

2)曖昧な意志は何の足しにもならない。具体的な目的がなければ曖昧になるだけです。

3)欲求がパワーになる。それは、なぜそれを求めるのかという理由が不十分だと強いパワーにはなりません。

4)欲求を作業に落とし込む。作業を手抜きする人は、結局は時間の無駄になってしまいます。

5)星の王子様が助けてくれる。そんな期待は抱かないことです。期日を決め、一つずつクリアーしていく現実主義者になることです。

6)自分を壊せ!何かをするというのは、変化するということです。自分のカンフォートゾーンを壊す内面的な挑戦です。

7)ビジョンを紙に書く。書けないようでは、まだ何も決まっていないということになります。書き出すことで、わかることが多くあります。

8)天に誓う。これがないと、人は逃げることばかり考えてしまいます。

9)細密な計画を立てる。しっかりと仕様書を用意して、方法と手順がすぐに実行できるようにすることです。

10)疲れないためには自分に小さな褒美を用意しましょう!大きな目標は小さな目標の積み重ねです。その小さな目標達成の自分への褒美はうれしいですよ!

11)自分が願ったことを自分の心に視覚化する。自分の勝利イメージをしっかりと描くことこそ、自分の内的な原因作りになります。

12)退路を断つ。背水の陣・・・守るものがある限り、得ることはできないのです。自分が守ろうと勝手に思っているだけです。そんなものは捨てるべきです。「死なんとするものは生きる」ということです。
(遠山)

『自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです。』(ヘレン・ケラー)

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★見えれば信じる?それとも、信ずれば見える?
~成功脳を考える~

★見えれば信じる?それとも、信ずれば見える?

「百聞は一見にしかず」とよく言います。一見の価値はそれほど大きいのですが、それは、ただ単に確認したことで信じるに至ったということです。これを確信といいます。

こんなことは誰でもできます。当たり前ではないですか!ただ確認する努力をするかしないかの違いだけなのです。これではただの普通の人と何ら変わりはありません。

もし私たちが成功を望むならば、やっぱり普通ではいけないのです。成功というのは普通の人以上でなければならないのですから!
自分の人生を信ずる人、人生の信仰者にならなければならないということです。

ここで、欧米社会の多くの成功者がモデルにしている人物の言葉を引用してみましょう!その人物とは2000年前のイエスキリストです。
彼は聖書の中で次のようにいています。「ヘブル書11/1:信仰とは望んでいることがらを確信し、まだみていない事実を確認することである。」と書いてあります。

この言葉は、時系列で理解するとわかりやすいのです。
(1)望みを信じて確信すること (2)信じたことをイメージ化して自分自身が一体化することを確信、または腑に落ちるといいます (3)自分の描いたキャンパスの世界を一つずつ実現して、事実としていく努力過程を経る

このことをスポーツ選手は、手法として取り入れメンタルトレーニングの中でイメージトレーニングとして使っています。人生では自分の人生プランを信じ、その具体的なイメージを描き、これから起こるであろう未来の出来事を一つ一つ確認していく作業をしているのです。

ビジネスマンは自分のビジョンを描き、スポーツ選手は金メダルの受賞場面を描き、人生では理想の家庭像を描き、個人では金持ちになることや、スーパーカーを持つことを、別荘を持つこと等々、その夢を描き、それを自分のものとして実現していっているのです。

普通の人は見えるものだけを信じ、成功者はまだ見ぬ自分の成功人生を信じているのです。ただそれだけの違いが人生を変えてしまっているのです。
あなたはこのことを信じますか?
(遠山)

『成功したら、どうしようとは考えていますが、失敗する事は全然考えてないです。』天才ジョッキー武豊

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★仕事(ミッション・使命)と一体化しなければならない。
~成功脳を考える~

★仕事(ミッション・使命)と一体化しなければならない。

まずここで問わなければならないことは、自分の今の仕事は自分のミッションですか?ということです。
ちょっと自分に問うてみてください。今の仕事は自分が本当にやりたい仕事ですか?今の仕事はやっていて楽しくてたまらないですか?

ちょっと重たいですけど、別の言い方をしましょう!もし10億円が自分のものになって自由に使っていいことになったら、どうします?
今の仕事を続けますか?

もう少し別の言い方をしてみましょう!
もし自分があと6ヶ月しか生きられないと、突然にわかってしまったら、あなたはどうします?今してることを成し遂げますか?これからもやり続けますか?自分は何を成し遂げたいのだろうか?

重要なキーワードは、自分の夢の実現をどれだけ強く望んでいるかということです。アインシュタインはこんなことを言っています。
「私は自分の発見のどれ一つとして、理性的に考えることでたどり着いたものはない」

そろそろ他人に押しつけられた「すべきこと」ではなくて「自分がしたいと感じること」をしましょう。
要するに自分の使命(仕事)を天職と本当に思っているだろうかということです。または、天職に就くための訓練と思っているだろうか?ということです。

自分が死んだときに、果たして神様は何というのだろうか?
「何故このことをしなかったのか?」「何故こんな風になったり、こんな発見をしなかったのか?」
でもそれ以上に、神様はこういうだろうと思います。
「何故自分自身を創らなかったのか?」

本当の自分を創ることほど人生で重要なことはないと思います。
「創世記 / 5章 2節 男と女に創造された。創造の日に、彼らを祝福されて、人と名付けられた。 」
(遠山)

『人になにかをしてもらいたいと思えば、こちらからなにかをしてあげる。人に愛されたいのなら、こちらが愛する。人を従わせたいのなら、まず、人に従ってみる。』(重耳、宮城谷昌光)

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★自分の価値を見直してみる。
~成功脳を考える~

★自分の価値を見直してみる。

巷では様々な人が自分の成功のために自分の事業に乗り出している。
でもその中で、本当に成功できる人はほんのわずかである。
それは、自分を信じていないからということにつきると言っていいだろう。

もし本当に自分の信念を明確に持っている人なら、自分の望みとしているものが何かを明確に知っていいるとしたら、たぶん人生で不可能を可能に変えることができる能力と力を身につけることができると思う。

こんなことを書いていながら、自分が人生でいっぱい失敗をしてきている姿が頭の中を映像が流れていくのがわかる。僕は「失敗は成功のステップ」だと思っている。実際に僕がコンピューターを独学で学び始めたのは、45歳を過ぎてからである。どんなことでも、時間をかければできないことなどないのである。問題は時間を短縮するスピードを上げるための努力だけだと思う。

問題は人生で自分の使命(ミッション)を全うできるかということだと思う。やりたいことをやり、なりたいものになり、欲しいものを手に入れるという自分のオーケストラを指揮できるかということだ。

そこに価値観が反映する。そこで、価値観整理の手法を提案する。まず、自分にとって重要なことをどんなことでも頭に浮かぶことを書き出してみよう!
仕事、健康、家族、趣味、教育、友人、噂、何でもである。80項目になるまで書きだそう!つまらないことでもいいのである。書き出したことに評価はしない。素直に思ったことを書き出すのである。

次にこの80項目を40項目にまで絞り込む。次に20項目に絞り込んで、その次に10項目に絞り込む。最後に5項目にするのである。

この5項目が、自分の現在の価値体系の基本ということになる。
そしてこの5項目を実践してみてください。
必ず、あなたに変化が起こってくるはずです。
ピカソは次のようにいっています。
「人間の最大の魅力は、その人の成し遂げた仕事である」
(遠山)

『コミュニケーションの達人になるには本音で生きる覚悟を持つ事。誹謗中傷、傷付く事を恐れない事。』イケマツ

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★「なれる」と「なる」の違いを知りましょう!
~成功脳を考える~

★「なれる」と「なる」の違いを知りましょう!

「自分を信じなさい!」とはよく言われます。
自分も信じてない人がどうして人を信じることができましょうか!
成功の要件はなんといっても、自分の成功を信じるということにつきます。

ここで「できる」と「できた」の違いを考えてみましょう!
「できる」というのは、可能性です。
「できた」というのは結果です。

同じように「なれる」も可能性です。
「なる」は結果ではありませんが、強い意志力、決意を伴っています。
ということは、自分の成功を信じるということをもっと正確に表現しなければならないということです。

「~できる」と「~する」と「~できた」という違いをちゃんとするということがもっとも重要なことです。
この「~」の部分に、「成功」「金持」「世界一周」・・・何でも入れればいいということになります。

で、あなたはこの「~できる」と「~する」と「~できた」のどれを選択しますか?
これがたぶんあなたの数年後の姿を現すことになります。
僕は自分の腹に落とし込むために「~できた」とアフォーメーションすることにします。信じるという作業にはこのアフォーメーションが一番近道です。

このアフォーメーションをやってみますか?
これは、自分の本心と良心と自分の本能を一致させる一番の方法だと思っています。問題はこのアフォーメーションを持続できるかということです。
できるまで持続する。できるまで持続する。できるまで持続する。・・・
(遠山)

『感謝を原動力にしたエネルギーだけが世界を変えるパワーに出来るんだ!』
イケマツ

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★成功の種をまくために
~成功脳を考える~

★成功の種をまくために

これまでの成功のキーワードをまとめてみようと思います。
これまで書いてきたことは、自分が成功するためには何が必要かということから書いています。それらを一度まとめてみようということです。

(1)自分自身を受けいること
(2)過去と未来は別のもの。現在は未来のためにあるということ。
(3)失敗してこそ成長がある。前に進むことだけを考えよう!
(4)知性や知識よりも態度の方が重要である。
(5)できると信じること。

こんなことを書いていると、つい植木等を思い出しちゃいます。植木を知っている人は年齢がわかっちゃいますね!何せ「わかっちゃいるけどやめられない」のフレーズで有名になりましたから!

でも成功の種はまかなくっちゃ!「蒔かぬ種は生えぬ」ということですからね!今日は反省することがいっぱいです。
何故かというと、元々レジスタンス精神が多いですから、まじめを装っている人たちの中にはいると、つい揶揄する態度になっちゃって!
もうちょっと共振装置になった方がいいかも?
あ~あ、今日も素直になれなかったなと反省することしきりです。
態度を改めなくっちゃ!と今から思うことと改めることに挑戦します。
(遠山)

『人生の変革は、知識ではなく行動からしか実現できない。青木仁志』

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★あなたの中に眠る真実の声
~成功脳を考える~

★あなたの中に眠る真実の声

昨日も睡魔に負けてしまった。
今日こそは! と思いつついざそのときになると、なにがしかの理由をつけてはごろんと横になりたがるのです。
心の痛みを感じ続けながら、体は楽になったなどとうそぶいています。
でもダメージは心の痛みの方が大きいのです。後を引きづりますからね!
そういうことで今日も睡魔と戦うことになるかもしれません。

「嘘も百編言えば真実」っていいませんか?
反対に真実でも黙っていれば、いつの間にか真実が嘘になってしまうことだってあるのです。

これは「確信」ということが、何かの状態や言葉を繰り返すことによって創られる心の状態であることを物語っています。

ということは、自分を信じ、自分の言動を繰り返していけば自分の中に真実が創られていき、そのことが現実のものとなってくるのです。
実は成功というのは、このような単純なことの繰り返しが信念となり、信念が確信となり、確信は実行を生み出し、結果へとつながってくるのです。

問題は信じる力のない人々が多く存在するということなのです。その大多数の声は、「嘘も百編の真実」ということになってしまうのです。
しかしながら、彼らは私の人生に責任なんか持ってくれていないのです。にもかかわらず、大多数の声に押されて、さも心配しているように見せかけます。

そういうときにこそ、内なる自分の声に耳を傾けようではありませんか?その声の主は、必ずあなたの問いかけに答えてくれるはずです。
なぜかといえば多くの成功者がそうして人生の成功をつかんできたからです。
(遠山)

『あなたが信じることはいつでも実際に起こる。それを信じる心がそうさせるのである』フランク・ロイド・ライト(アメリカの建築家ー近代建築の三大巨匠の一人)

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★見えれば信じる?それとも、信ずれば見える?
~成功脳を考える~

★見えれば信じる?それとも、信ずれば見える?

「百聞は一見にしかず」とよく言います。一見の価値はそれほど大きいのですが、それは、ただ単に確認したことで信じるに至ったということです。これを確信といいます。

こんなことは誰でもできます。当たり前ではないですか!ただ確認する努力をするかしないかの違いだけなのです。これではただの普通の人と何ら変わりはありません。

もし私たちが成功を望むならば、やっぱり普通ではいけないのです。成功というのは普通の人以上でなければならないのですから!
自分の人生を信ずる人、人生の信仰者にならなければならないということです。

ここで、欧米社会の多くの成功者がモデルにしている人物の言葉を引用してみましょう!その人物とは2000年前のイエスキリストです。
彼は聖書の中で次のようにいています。「ヘブル書11/1:信仰とは望んでいることがらを確信し、まだみていない事実を確認することである。」と書いてあります。

この言葉は、時系列で理解するとわかりやすいのです。
(1)望みを信じて確信すること (2)信じたことをイメージ化して自分自身が一体化することを確信、または腑に落ちるといいます (3)自分の描いたキャンパスの世界を一つずつ実現して、事実としていく努力過程を経る

このことをスポーツ選手は、手法として取り入れメンタルトレーニングの中でイメージトレーニングとして使っています。人生では自分の人生プランを信じ、その具体的なイメージを描き、これから起こるであろう未来の出来事を一つ一つ確認していく作業をしているのです。

ビジネスマンは自分のビジョンを描き、スポーツ選手は金メダルの受賞場面を描き、人生では理想の家庭像を描き、個人では金持ちになることや、スーパーカーを持つことを、別荘を持つこと等々、その夢を描き、それを自分のものとして実現していっているのです。

普通の人は見えるものだけを信じ、成功者はまだ見ぬ自分の成功人生を信じているのです。ただそれだけの違いが人生を変えてしまっているのです。
あなたはこのことを信じますか?
(遠山)

『成功したら、どうしようとは考えていますが、失敗する事は全然考えてないです。』天才ジョッキー武豊

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記

★誰よりもあなたは優れている?疑問に思う方へ!
~成功脳を考える~

★誰よりもあなたは優れている?疑問に思う方へ!

2週間ぶりのメールです。この間にパソコンは残暑の性で壊れるわ、ロスタイムの多いこと・・などと言ってるのは、成功哲学の辞書にはありません。
貴重な経験を今後に生かそうと考えることだと思います。

成功して実績を出している人よりも自分が優れているとはだれもおもわないでしょう!それが普通です。でも本当でしょうか?
実際に成功している人ということからみてみますと、歴史上の有名人物をみてみれば秀吉という人は信長に出会わなければ、天下を取ることはできなかったかもしれません。

腕力や武力に秀でた人は、戦国乱世という中で自分の力を発揮できたのです。もし彼らが平和な時代に生まれていればただの暴れ者や犯罪者になっていた可能性はあるのです。

成功というのは、時代的な背景にうまくフォーカスできた人ということもいえます。ですから、自分にも可能性というものはあるということです。
要するに今の時代のどこにフォーカスするかということで、自分の生き方をすばらしくするチャンスというものは必ずあるということなのです。

そこで、「人ができることは必ず自分にもできる」ということをよく言われます。これは、時間をかければできないことはないということにもつながります。
そこで、時代にフォーカスできるかどうかは別として、自分の持っている特徴を5つあげてみることにしましょう!

そうすると、自分は何が可能性があるかを気づくことができるかもしれません。5つ出してみるというのは、結構自分を訪ねなければならないので、時間をとって考えてみましょう!

例えば、(1)どんなときでも笑顔でいられる。(2)人に何かをしてあげるのが好き。(3)約束は必ず守る。(4)返事は必ず「はい!」と大きな声で言う。(5)一に行動、二に考える。

小さな実行の積み重ねが大きな結果につながります。それができる人が成功という言葉に最も近くなります。

こんな具合でいいと思います。何かを実践することは、それだけで大きな成果を出すことにつながるのです。それは誰のものでもありません。あなただけのものなのです。
(遠山)

『感謝すべき事、感謝出来る事、感謝したい事をリストアップして、幸せ過ぎる自分に気付こう!』』イケマツ

テーマ:成功脳を考える - ジャンル:日記





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。